スタッフの胃袋を掴め!

スタッフ弁当の対象エリア

スタッフ弁当の対象エリア

スタッフ弁当の対象エリア イベント会場など、ケータリングとしてスタッフ弁当を活用するならエリアに注意しましょう。
スタッフ弁当の配達には対象エリアがあり、範囲内に含まれていればイベント会場などの現場まで宅配してくれます。パソコンやスマートフォンを使い必要な分を注文しておけば、当日には用意されているので非常に便利です。
もしサービスの提供範囲外にイベント会場などがあるなら、対応してくれない可能性が高くなります。問い合わせれば例外的に対応してくれる可能性はあるものの、対象範囲内となっている別のサービスを利用しスタッフ弁当を手配するのがおすすめです。多くのサービスでは、ホームページでサービスを提供できる範囲をわかりやすく示しています。宅配してもらうスタッフ弁当などを選んでから対象範囲をチェックすると、サービス提供外だったときにはこれまでの選んでいた時間が無駄になってしまうので、ホームページを訪れたらまず始めに確認するのがおすすめです。

手配するときに気を付けるべき条件

手配するときに気を付けるべき条件 スタッフ弁当を用意するときは注意しなければならない条件がいくつかあります。
まずは弁当を搬入するときに事前に確認することです。スタッフの人数によっては弁当の量も多くなり、台車を使用する必要も考えられます。イベントを行う会社に搬入するにあたって、その建物に台車で入っても大丈夫なのか、どこに運んでもらうのかによって対応の仕方が違うので注意が必要です。
また、温かいスタッフ弁当を大量に持ち込むこともよくありません。スタッフは決まった時間に食事をとれない場合があります。なのでせっかく温かい状態で持ち込んでも冷めてしまいますし、さらには食べ物が傷んでしまう可能性があります。賞味期限にも注意し、期限が切れているものはしっかり管理しなければなりません。
会場に許可なく搬入することもNGです。これは来場者用の者だけでなく、スタッフなど関係者用にオーダーするときも同じですが、会場で指定の会社があるときはそれに従う必要があります。

新着情報

◎2020/12/9

スタッフ弁当の対象エリア
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

24時間弁当を届けてくれる
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

スポーツイベントでの弁当
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

会議の時の食事は弁当が楽
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「弁当 エリア」
に関連するツイート
Twitter